引用元:****私は見た!! 不幸な結婚式115****

97愛と死の名無しさん2012/09/24(月) 06:01:26.96 ID:.net

以下に出てくる名前は(当然のことながら)全て仮名であります。

昨日、高校以来の友人・鈴木太郎の披露宴に出てきた。
お相手の佐藤花子さんは事前に紹介を受けていたけど、まあ、いい感じの人であった。
さて、会場について見ると案内板に「鈴木家・李家披露宴会場」とある。
はて、と思ったけど他に披露宴はないようなので、その会場に行ってみて、
念のため受付の人に「こちらは鈴木太郎くんの披露宴でよろしいですね?」と確かめた。




こちらの胸糞もオススメです


まちがっていないのなら、つまりそういうことなのだろう、とそのへんのソファに座っていたら悪友たちもやってきた。
俺は友人の奥さんが朝鮮人だろうとバヌアツ人だろうと、そのこと自体はべつに気にならないし、どうでもよい。
座席表を見ると新婦の名前は佐藤花子となっていて、その家族・親戚もみんな日本の苗字であったけれど、
これはまあ、修正が間に合わなかったとかいう問題だったんだろう。

で、披露宴が始まって、もちろん司会者は新婦を「李花子さん」と呼ぶし、とりあえずおだやかにはじまった。
問題は酒が入ってからであった。
鈴木の親戚のオッサンが「しかし朝鮮人と親戚になるなんて聞いてねえぞ」とデカイ声で言って、
それに新婦の親戚のアンちゃんが「文句があるのか」と突っかかったものだから、
あとは売り言葉に買い言葉で、双方の親戚数人ずつが席を立って、つかみ合い寸前というところまでいった。
冷静な人たちが割って入って、なだめもして、暴力沙汰だけは回避されたんだけど、ピリピリした雰囲気は残り、
お色直しで、新婦だけでなく新郎も朝鮮の民族衣装みたいなのに着替えてきて、
それを見た鈴木の親戚の間から「おいおい」なんて声が出るのへ、新婦の親戚が腰を浮かす、なんて場面もあって、
けっきょく、おひらきに至るまで一触即発って感じの空気に支配されて、妙に疲れたし、
新郎新婦もどんどん浮かない顔になっていって、なんとなく不幸な披露宴でありました。

まあ、俺なんかようするに他人事だから気楽なことを言ってられるけど、
親戚づきあいってものが発生する人たちにとっては、当日いきなり「じつは」って言われても戸惑うのも当然か。
さすがに親兄弟には言ってあったんだろうけど。