引用元:今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その9

661名無しさん@おーぷん2015/10/05(月)10:10:08 ID:Y6a

(長文嫌いな人はスルーしてね)

震災絡みで恩を仇で返されてる方って割といるんだなぁと思った。
うちの場合は、大きな被害?ではないけど大きな失望を味わった。
私は震災の影響のなかった地方に住んでいるんだが、義兄嫁の妹夫婦(A夫妻とする)が被災して家を流された。
A夫の勤務先も流され、結果失業。A妻のパート先も同様。子供はいない。
私と義兄嫁(同県内住み)との関係は割と良くて、同い年と言う事もあり<相談>ではないが
<妹夫婦のことが心配で、こちらに呼び寄せようと思っている>という話を聞いていた。
その頃、私の実家が空家になっていて、そこをリフォームして借家にしようと言う計画があったんだけど
借家にするならリフォームした方がいいけど、そのままでも普通に住める家だったので
3年間の期間限定でその家を提供することになった。
A夫の再就職先は義兄が紹介することになってたし、A妻のパートもこちらならいくらでもあるから
3年あればそれなりに生活出来るようになるだろうと言う事で。
もちろん契約書もちゃんと交わした。
3年間という期間も明記してあるし、家賃としては5000円/月だけ頂くこと。




こちらの胸糞もオススメです


普通の賃貸契約と同様の内容で、違うのはその賃貸期間と家賃ぐらい。
家賃は事情が事情だから無料でも良かったんだけど、借家であるという意識を忘れないでもらう意味で
5000円に設定したが全然支払って貰えず、でも催促はしなかった。
仕事に慣れて落ち着いたらでいいよって、やっぱり被災者にあまり強くは請求できなかったし。
一年ぐらい経って、グアムに行ったらしいと聞いて、少しは落ち着いてきたのかなと思ったが
相変わらず家賃の支払いはなく、そうこうしてるうちに沖縄にダイビングに行ったと聞いた。
友達に勧められて夫婦でダイビングを始めてハマってしまったらしい。
そしてある日義兄嫁から「私ちゃん、うちの妹、ちゃんと家賃払ってる?」って聞いてきたので
事実のままを伝えたら平謝りされて代わりに今までのぶんまとめて払うって言われたんだけど
義兄嫁さんが払う筋のものじゃないし、こちらも形上の家賃であってあまり拘っていなかった。
2ch的には餌付け乙とか言われるんだろうけど、あの頃は現実的に被災者に対して
ましてや空家だったものを身内に貸すのにお金をくれとは言えない空気は確かにあったんだよ。
で、丸3年がくる半年前に「約束の期間が近付いてるけど、この後のことは考えているのか」と聞いてみた。