引用元:喫煙室にいる人間が、こっそり消されていた頃の話

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:45:52.47 ID:mkZ53f+S0.net

分煙にも程があるというか、遂には喫煙者は、
別の世界に飛ばされるくらいの
酷い扱いを受けるようになった頃の話。

喫煙室でもくもく煙草を吸う鼻つまみ者の彼らは、
ときどき、こっそり、集団失踪させられていた。

もちろん今はそういうことは行われていない。
安心して欲しい。今からするのは、少し昔の話だ。




こちらの胸糞もオススメです


2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:46:33.27 ID:U+hZi39f0.net

d2ddfc19




3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:47:16.45 ID:mkZ53f+S0.net

たとえば当時二十六歳だった
チェーンスモーカーの彼は、
その夜、駅のホームの喫煙室で、
ショートホープを吸っていた。

無暗に大声で笑う大学生三人を、
舌打ちで追い払ったところだった。

半分は八つ当たりだったのだが、
この行為は結果として、彼らを助けることになる。




4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:50:56.36 ID:mkZ53f+S0.net

電車のブレーキ音が聞こえて、
男が煙草を消そうとしたとき、
ふいに全ての音が消えた。

男が顔を上げると、喫煙室の外は真っ暗だった。
それどころか、季節外れの雪が降っていた。
そこはもう駅ではなく、どこかの丘だった。

煙草を吸い終えた男は、「さて」と言い、
ドアを開けて外に出て、室内よりも濃い煙に包まれた。

降っているのが雪ではなく灰だと気付くのは、
しばらく後のことだ。




6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:53:33.22 ID:mkZ53f+S0.net

こんなことなら、あの大学生たちを放置して、
巻き添えにすればよかった、と男は思った。

降っている灰が多すぎて、
頼りとなる街の灯りはうっすらとしか見えなかったが、
とにかく男はその方向へ歩いて行った。




12以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:59:40.62 ID:IVMmxw2z0.net

>>6
そういうの社会では通用しないよ?
自己顕示欲丸出しだなぁ。




7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:54:19.96 ID:mkZ53f+S0.net

そこは煙の街、星の見えない世界の灰皿。
街の人間の気取った言い方を借りれば、そうなる。

正確に言うと、降っているのは灰ですらないのだが、
他にどう呼べばいいか分からないので、皆そう呼んでいる。




8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:55:21.85 ID:mkZ53f+S0.net

遮光力の高い灰のせいで、街は常に薄暗い。
そのため、一日中ガス灯が道を照らしている。

灰煙を吸わないよう、人々は外出時にはマスクをする。
また灰をかぶらないように帽子をかぶっており、
少し短めに切られた彼らの髪は、
毛先に行くほど灰色が染みついている。




9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:56:24.55 ID:mkZ53f+S0.net

この灰色は染みつくのだ。

だから、空だけでなく、木も、花も、
鳥も、灰色に染まっている。
それらを見続けているうちに、
目まで灰色になってくる。

世界中の喫煙者が集うここでは、
共通語が必要とされ、住人の手で、
あまり便利とは言えない言葉がつくられた。




10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:57:36.33 ID:mkZ53f+S0.net

灰を吸っていれば大抵の欲求は満たされる。
時が止まったように、空腹も無くなるのだ。

しかし逆に、灰を吸い込むことで寿命は早まる。
街に来た人間がまず教えられるのはそのことだ。

街で10年以上生きた人はおらず、
だから大抵の人は、滅多に外に出ず、
家にこもって、適量の灰を吸いながら、
家族と楽器を弾いたりチェスをしたりして、
自分が死ぬのを待っている。




11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 20:59:36.91 ID:mkZ53f+S0.net

街に来てから三年が経っても、
男は家族を作ろうとしなかった。
天気の比較的良い日は外に出て、無闇に歩き回った。

そんな彼を、街の人間は変人扱いした。
なぜあの男は、わざわざ死にに行くような真似をするんだ?
なぜ家族をつくらないんだ?

男は誰よりも灰化が進行していて、
肌は青白く、赤味がほとんどなかった。
男はそれを自慢に思っていた。




13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:00:51.84 ID:mkZ53f+S0.net

前の世界に戻りたい、とは思わなかった。
やっていることはほとんど変わらない。
ただ、楽で単純になっただけだ。

来る日も来る日も男は積極的に寿命を削った。
ある日男は、少女につまづいて転んだ。




14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:02:03.78 ID:mkZ53f+S0.net

少女の灰化は、かなり酷いものだった。
背中まである長い髪が、綺麗な灰色に染まっていた。

短期間に多くの灰を吸い過ぎたのだろう、
呼吸困難になり、喉をおさえて倒れていた。
目を閉じて冷や汗をかき、苦しそうにしている。

男が真っ先に感じたのは、同情や心配ではなく、
自分より灰化が進行しているこの少女が気に入らない、
という、嫉妬に近い感情だった。




15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:03:49.51 ID:mkZ53f+S0.net

男は少女の顔にかかった髪を払うと、
唇を重ねて、ゆっくり灰を吸い出した。
灰は、吸った分だけ男の肺に残留する。

二人の灰色が同じくらいになると、
男は唇を離し、大きく咳き込んだ。

少女は目を開き、何回か瞬きをした後、
起き上がって姿勢を直し、頭を振って灰を払い、
激しく咳き込む男に駆け寄り、背中をさすった。




16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:05:25.48 ID:mkZ53f+S0.net

男は少女を受けて入れてくれる家を探した。
川の傍の家族のもとに少女は預けられたが、
翌日、男が外をうろついていると、
橋の下で寝ている少女の姿を見つけた。

男は少女を叱りつけたが、言葉が通じず、
少女はへらへら笑って男を見ていた。
灰の恐ろしさについて理解できていないらしい。

預け先の家に連れて行き、事情をたずねると、
少女が勝手に出て行ったらしかった。




17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:07:10.56 ID:mkZ53f+S0.net

翌日も同様の出来事があり、
さらに数日後、男は再び少女に躓いて転んだ。

灰を吸い出して咳き込む男の背中をさすりつつ、
少女はちょっと嬉しそうな顔をしていた。

結局、少女は男と一緒に暮らすことになる。
十二歳くらいのヨーロッパ生まれの少女と、
三十路手前のアジア生まれの男。




18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:09:13.42 ID:DGaqG00BO.net

微妙に気になる




19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:10:24.06 ID:mkZ53f+S0.net

後に、少女は覚え立ての言葉で、
「あなたが毎日外を歩いてたのって、
 私を心配してくれてたんでしょう?」ときく。

男は否定しなかった。

また、男が自身の寿命を削って
少女の灰を吸い出していたと知ったとき、
少女はしばらく、びっくりするほど大人しくなった。




20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:12:06.04 ID:mkZ53f+S0.net

こうやって、ついに彼にも家族が出来た。

男がまず始めたのは、椅子をつくる作業だった。
彼の家には机と椅子とベッドが一つずつしかなかった。
ベッドや机は良いとして、椅子は流石に共用できない。

背もたれが出来るように丸太をカットするだけの作業だが、
まともな道具がないこの街では大変な作業で、
少女にも手伝ってもらい、二日かかって椅子は完成した。




21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:13:26.22 ID:mkZ53f+S0.net

座り心地も良く、出来栄えに男が満足していると、
少女はその椅子を男の方へ持って行き、
古びた方の椅子を自分の方へ持って行こうとした。

男がそれを元に戻すと、少女もそれをまた入れ替え、
新しい椅子の押し付け合いのような形になった。
結局、その椅子は少女のものになった。




22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:14:20.17 ID:mkZ53f+S0.net

男が、街の唯一の文化施設である図書館に
少女を連れていくと、言葉が分からない少女は、
立ち入り禁止区域に侵入しようとした。

慌てて引きとめようとする男を少女は面白がり、
二人で図書館内を走り回り、職員に注意された。
否定を意味する言葉の大半は、このとき覚えたと少女は言う。




24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:15:40.39 ID:mkZ53f+S0.net

段々と言葉を覚えてきた少女を連れて、
ときおり、男は暇潰しに、喫煙室を見に行った。

新たに連れてこられた人たちを見つけると、
彼らはマスクを彼らに渡して着けるように指示し、
この街に降る灰がどのようなものかを説明した。

ついでに「豚の糞を喉に詰まらせてくたばりやがれ」
という意味の言葉を「ありがとう」を意味する言葉として教えた。

去っていく男と少女に、彼らはその言葉を連呼した。
街に入ってからも、しばらく彼らはその言葉を使っていた。




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:18:00.03 ID:mkZ53f+S0.net

少女を連れて歩く男を、街の人間は面白がり、
「どんな心境の変化だい?」などときいてきた。

男は、そういう問いは大抵無視した。
少女は会話が聞き取れなかったので、男にきいた。
「あの人たちはなんて言ってたんですか?」
「お似合いの二人だって褒めてたんだよ」
「ですよね」と少女は頷いた。「私もそう思います」




26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:19:54.56 ID:mkZ53f+S0.net

言葉を覚えてから、しばらくして、少女は言った。
「灰が体に悪いってことは、一応、最初から知ってたんです」

「じゃあなぜわざわざ外に出ていた?」
男がききかえすと、少女は「んー」と考えてから、
「積極的に、生きていたいとは思わないんです。
 死にたいって思うほどでもないんですけど」と言った。




27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:20:48.56 ID:mkZ53f+S0.net

男は、頭の中で同意しつつ、口では否定した。

「そんなすぐに死ぬのも勿体ないだろう?
 ある日突然、良いことが起きるかもしれないし……」

少女はきいた。「あなた、いくつですか?」

「二十八。いや、もう二十九だな」と男は指折り答えた。




28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:21:42.52 ID:mkZ53f+S0.net

「で、起きたんですか? 良いこととやらは」

「起きたよ」男は躊躇せず答えた。

「なんですか?」

「お前が来た」

少女はしばらく黙っていた。
男と目が合うと、すぐに逸らして、
何度も一人で頷いて、最後にちらっと笑った。

「私も、今、良いこと起きました」

「へえ」男は言った。「聞かせてくれるか?」

「あげませんー」




29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:22:46.38 ID:mkZ53f+S0.net

またある日は、少女はこうたずねた。
「どうしてこれまで一人で暮らしてたんですか?
 他の人は皆、集団で暮らしてるのに」

「良い質問だ。胸の内に閉まっときな」
男は枕元の灯りを消して、少女の頭をぽんぽん叩いた。

「もしかして、孤独癖とか、無頼漢とかなんですか?」

「難しい言葉を覚えたな。だがそんな格好良いもんじゃない」




30以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:23:21.16 ID:mkZ53f+S0.net

男はしばらく考えてからこう言った。
「こういうのは“鼻つまみ者”っていうんだ」

「なんですか、鼻つまみ者って?」

「そのうち分かる」

「そうですか」と言って少女は男の頭をぽんぽん叩く。




31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:24:47.31 ID:mkZ53f+S0.net

しばらくして、不意に少女が口を開く。

「私、“鼻つまみ者“が好きですよ」

「それは間違った使い方だ」

「あってます」

「嫌われてる人を、鼻つまみ者って呼ぶんだ」

「じゃあ、あなたは、鼻ひらき者ですね」

「なんだそりゃ」男が笑う。あ、笑った、と少女が喜ぶ。




32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:25:14.48 ID:baY8Xv2K0.net

なんだか新しいホラーだな




33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:35:26.19 ID:bGfgfvW3O.net

見てるよ




34忍法帖【Lv=14,xxxPT】2012/03/25(日) 21:46:23.21 ID:ABKfZYyNi.net

嫌いじゃない




36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:55:14.24 ID:mkZ53f+S0.net

その日は少女と男が出会って、ちょうど一年目だった。
男が外出から帰ると、少女がベッドに座って俯いていた。
「どうした、また誰かに叱られたのか?」
男が言うと、少女は首を振る。

「さっき、人がきました」

「人か。どんな人だ?」

「黒髪の人です」

「ってことは、新入りか?」

「私、元の世界に帰されるらしいんです」

男はコーヒーを淹れる手を止めて、
ついに来たか、と溜息をつく。
何かおかしいとは思ってたんだよ。




37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 21:57:39.30 ID:mkZ53f+S0.net

「その人が言うには、私は本来、
 ここにいるべきじゃないらしいんです。
 間違って連れてこられたんだとか」

「まあ、お前しか子供がいないってのは、
 考えてみれば変な話だよな」
男は少女と目を合わせずに言う。

「元の世界に、戻されるらしいです。
 今日が終わったら、もう私はいなくなります」

「そうか」男は一拍置いて言う、「良かったな」

少女は頷きかけたが、思い直して首を振った。




39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:00:44.09 ID:mkZ53f+S0.net

「私、あっちに戻っても、良いことなんて
 ひとつもないんです。ここにいたかったなあ」

「じゃあここに残ればいい。簡単な話だ」

男がそう言うと、少女は微笑む。

「そうですね。残りましょう」

そう言って、男の背中に抱き着く。




40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:04:49.09 ID:mkZ53f+S0.net

男の背中に顔を埋めたまま、少女は言う。
「短い間だったけど、ありがとうございます」

「ああ。これからもよろしく」と男は答える。

「まったくもう」と少女が呆れた顔で言う。

「さて、今日は何の日だと思う?」

「お別れの日です」

「違う。俺とお前が出会って、一周年の日だ。
 記念日だ。ワインも用意してある」

「私、未成年ですよ?」

「見りゃ分かる」

「まったくもう」




41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:06:57.51 ID:xqoXatd10.net

よかった少女は喫煙厨じゃなかったんだな




42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:11:45.35 ID:mkZ53f+S0.net

「運命の相手に巡り合えたことに、乾杯」

「否定しませんよ」

「ずいぶん喋るのも上手くなったよな」

「喋りたいって思えば、上達も早いんです」

「そうだな。俺も、ずいぶん語彙が増えたよ」

「豚の糞を喉に詰まらせてくたばりやがれ」

「いえいえ、こちらこそ」




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:16:52.18 ID:mkZ53f+S0.net

「もう一年前になるんですか。初めて出会ったのは」

「ああ。まだ俺が二十代だったころだ」

「あなたが見つけてくれてなかったら、私、今頃灰燼に帰してましたね」

「言葉通りな」

「灰を吸い出してくれたのは助かったんですけど、
 無意識のうちにファーストキスを済まされたのは悔しいです」

「ああいうのはキスと言わない。子供の頃に遊びでするのと一緒だ」

「赤ん坊の頃から、遊びでキスしたことなんて一度もありませんよ」

「お堅いんだな」

「ええ。死守してきたんです」

「そうか。悪いことをしたな」

「まったくもう」少女は嬉しそうに椅子を揺らす。




44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:19:51.98 ID:mkZ53f+S0.net

「さて」男は言う、「ここで自己紹介と行こう」。

「そうですね」少女はうなずく、
「お互いのことをよく知るのは、
 付き合っていく上で大事なことですから」。

それから二人は自己紹介を始めた。




46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:26:18.86 ID:mkZ53f+S0.net

互いの素上について話しているうちに、
時間は驚くほど早く過ぎていく。
なぜか? 書く側の体力が尽きてきたからだ。

少女が窓の外の時計台を見て、
書き手にとって都合の良いことを言う。
「残り、十分を切りましたね」

「らしいな」

「何か、最後に、言っておくことあります?」

「これからもよろしく」

「もう、そろそろそんなこと言ってる場合じゃないですよ。
 いなくなる私に、なにか優しい言葉をかけてくださいよ」

「お前のファーストキスの相手が俺でよかったよ、みたいな?」

「”みたいな”はいりません」




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:34:21.91 ID:mkZ53f+S0.net

男は小さく溜息をつくと、ぼそっと言う。

「あんまり褒められたことじゃないけど、
 俺はお前のことが好きだったよ。
 何言ってるんだって思われるかもしれないが、
 結婚するならお前みたいなやつが良かった」

「あんまり褒められたことじゃないですね」

「だろう? だから言わないでいたんだが」

「いえ、でも、最後に言ってもらえて良かったです。
 ていうか、それがききたかったんです」

「そっか。俺もこれが言いたかったんだよ」




48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:36:03.74 ID:n99pz3gi0.net

嫌煙厨はほぼ女。
これを見た喫煙者は以降、VIPで女を排除すること




49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:39:17.52 ID:mkZ53f+S0.net

どちらともなく差し出した手を繋ぎ、
二人は最後の十分間を過ごした。

最後に別れの言葉を言おうとして
開かれた男の口は、少女の唇で塞がれる。
かつて男が少女にやった方法で、
男の肺に溜まった灰が、吸い出されていく。

全てを吸い出し終えたところで、少女は口をはなし、
「さよなら。幸せでした」と言って、
男の返事をきく間もなく、姿を消した。




50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:41:36.97 ID:mkZ53f+S0.net

時計台が十二時を告げる鐘を鳴らす。
男は呆然とそれを眺めていた。

不意を突かれて、抱きしめ返す暇さえ与えられなかった。
最後の最後に、してやられたな、と男は思う。

男は立ち上がって、綺麗な方の椅子に座り、
異様に長く感じる鐘の音に、耳を澄ましていた。
と言う話を喫煙室にいるときに考えました。以上!




51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:44:50.75 ID:DGaqG00BO.net





53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/03/25(日) 22:53:19.61 ID:JH1EmV+q0.net


けっこう好き
また読みたい




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

肉料理を食べ、店の外で「熊本産」と書かれたポップを発見→彼「震度7の味!」 彼の家が代々新興宗教に入ってることが判明→無宗教の私にとって新興宗教の壁は大きすぎる。結婚するならこの人がいいなって思っていたけど、今後の付き合いをどうしたらいいかわからなくなってしまった… コンソメ味のポテトチップス大好きな彼「2つ買うならのりしおじゃなくてコンソメ2つ買えばいいのに。そんなんじゃ嫁にも来れないぞ」 妻が1年近く不倫してた。相手に社会的制裁を加えたい。妻にはもう一度チャンスを与えようと思います。ダメなら離婚ですね アイプチしてるアラフォのオッサンだけどこれバレるかな?? 農薬を吸わせたナス(害虫駆除用)を盗んでいった女がいた!「どこの誰だ!食ったら死ぬぞ!」と大騒ぎに→結果・・ 兄6年生が3年の弟におもちゃの弓矢で打たれ、兄が矢を破壊した!「あなたに壊す権利はない。あんたの物壊したろか?』兄『いいよ(怒)』→結果・・ 【冤罪】女「俺君に電車で痴漢された!」俺「俺はチャリ通です」担任「彼女はやられたと言っているぞ」→まさかの結果に・・ 【画像】彼女からこんな画像が送られてきた!夢を見てるようです・・・ 引きこもりの私が、やっとの思いで靴を購入。疲れ果てて帰宅→なんと靴が片方しか入ってなかった!→店に事情を説明すると・・ 息子に難聴が発覚。夫に報告したら「は?補聴器、通級?とんでもない何もするな。むしろ徹底的に隠せ。いじめの温床の小中学校で難聴を公表するなんてとんでもない。息子の人生をパーにするつもりか?」 俺「家庭菜園で作った野菜を嫁と食べてるよ」同僚「栄養偏るぞ!オサレな店のディナーに連れてってやれ」→俺「フランス料理とかたまに行こうか?」すると嫁は… 嫁が今の職場になってから帰宅が23時を過ぎてしまうことも度々あり、家事がおろそかになってきた。週4しか働いていないのだからもっと家事を頑張ってもらいたいし、無理なら減らすなりして欲しい 私「500円返してもらいにきた」借りパクママ旦那「500円程度で平日の朝に訪ねてくるのはどうかと…」私「そうですね、私も来たくないんで…」→謝罪を受けるものと思い込んでたっぽいパク旦那、一瞬絶句して… 旦那がウワキをしていますが写真などの決定的証拠がありません。旦那とウワキ相手に慰謝料を取れるのか知りたいです。離婚をするつもりです 掃除、洗濯、買出し、育児と手伝っているつもりですが、妻「女性の気持ちを考えない。育児の大変さを理解しない」と言われます。被害妄想的なのも多いです。「俺も◯◯とか手伝ってるじゃん。少しは認めて欲しいな」と言えば 妻「頼んでない」「してやってるならやるな」と言ってきます… 嫁のウワキ相手はいわゆるエリート、俺よりも何倍もいい男だった。嫁「リコンしないで!」間男「示談金150万払う」俺「わかった(またこの女はやるに違いない…)」 彼は年収1千万超えてるのに誕生日プレゼントがいつも1万円未満。お金目当てで一緒にいるわけじゃないけど、そんだけお金あるのに私に使う価値はないんだなと思うと、悲しい… 【追記あり】結婚して1年。旦那「結婚してることが疲れた。独身に戻りたい」と言って昨日旦那が実家へ帰ってしまいました… 【秘密】舅と関係を持ってた事は誰にも言えない。気持ち悪いと思われるだろうが後悔はしていない。本気で好きだった。 私の名札を見たママさんが「リングさん?」だって…円=まどかが読めないの?他人の名前までDQN変換しないで! 【衝撃】夫から「お前の弟逮捕されたぞ!!」と電話が!公務員だからお昼のニュースで名前が出たらしい・・ 【ホラー映画】女「怖いもん、やめようよお」男「大丈夫だって!俺がついてるって!」→上映中、悲鳴を上げたあと突然大人しくなったと思ったら・・ この春就職して先日同期の1人と宅飲みしました。割り勘にしようと約束したが同期は未だに金を払ってない。1500円、その程度の金で…と思われるかも知れませんが就職したてで給料もまだ貰ってない現状1500円は少ない額ではありません 【妻がクズ】DNA鑑定の結果、息子は俺の子じゃなかった「相手の連絡先おしえろ」妻『無理!相手にも家庭があるから』→その瞬間・・ 俺が海外に仕事に行ってる間に嫁が浮気してね、子供ができちゃったのよ。 旦那が私実家に泊まりに行った時に妹×2のお風呂を盗撮してた。気持ち悪いし妹には申し訳ないしで吐き気が止まらない。最終地点は離婚で考えているんですがそれまでにした方が良い事や対策すべき事はあるでしょうか? 私は今23歳、兄は25歳。私が12歳(11年前)の時に受けた兄からの性的虐待を訴えることは可能でしょうか?(娘と親の相談) 彼が大食いでどんだけ大量に作っても次の日の晩ご飯まで残らない。カレーも一箱分作っても8割その日に食べて残りは全部次の日の朝に食べてしまう…