引用元:人を自殺させるだけの簡単なお仕事です

66名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 00:14:32.34 ID:dXNG+K4x0.net

二人で並んで体の汗を濡れタオルで拭きとりながら
さてどこから説明したものか、と考えました

乾いた風がひんやりと心地よいです
標的は靴下まで脱いで足を洗っています

普通なら標的の方から何か聞いてきそうな物ですが
この女の子はさっきから、何一つ訊ねてこないのです

参ったな、と考えているその時でした

「綺麗になったことだし、どうぞ」

突然、標的はそう言うと、”気をつけ”の姿勢をとり、
僕の顔をまっすぐ見据えました




こちらの胸糞もオススメです


69名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 00:27:38.04 ID:dXNG+K4x0.net

標的は両腕を広げて掌をこちらに向け、言いました
「落とすなり、吊るすなり、好きにしてください」

前髪から水滴がぽたぽた落ちて
濡れた手足がきらきら光っています

やっぱり気に入らないな、と僕は思います
「そのうち殺すさ、とてもひどいやり方で」

「とてもひどいやり方ですか」
標的は間抜け面で繰り返します

「ああ。だから、まず車に乗れ」

標的は靴を履き、車の方へ歩いて行きます




70名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 00:39:27.04 ID:dXNG+K4x0.net

しっかりした朝食をとらせると
僕は標的を高校まで送り届けました

少しでも教室への滞在時間を減らしたくて
遅刻寸前に学校に来る主義の標的としては
むしろいつもより早く登校したことになります

車を降りると、標的はこちらを振り返り、
小さく頭を下げ、歩いて行きました
呑気なものです




71名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 00:48:50.28 ID:dXNG+K4x0.net

こちらも一限の講義があるのですが
その前にひとつ、やっておくことがあります

目を閉じて、標的の顔を思い浮かべます
彼女はちょうど教室に入るところでした

標的は、なるべく目立たぬように、
静かにドアを開けて中に入ります

それでもドアの近くにいた連中は、
誰が来たのかを確認しようと目を向けます

そのとき、標的の表情がぱっと明るくなり、
口からは「おはよう」と朝の挨拶が出てきます
もちろん僕の仕業です




72名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 00:58:30.92 ID:dXNG+K4x0.net

周りの連中は誰も挨拶には応えません
それは勿論、誰も、彼女が挨拶してくるなどとは
想像さえしていないからです
聞き間違えだろう、くらいにしか思っていません

標的の顔が真っ赤に染まります
恥ずかしくて仕方がないのでしょう
死ぬのは平気でも、挨拶を無視されるのは嫌なのです




73名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 00:58:55.84 ID:uhmYAR3P0.net

大学生なのかよwww
俺にもその仕事できるかな?




74名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 01:01:25.28 ID:cC0GceiJ0.net

これは期待




75名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 01:13:08.03 ID:dXNG+K4x0.net

ですがその後も、標的が廊下で
クラスメイトと擦れ違うたびに
僕は標的に感じ良く頭を下げさせました

標的はノートに「かんべんしてください」と
書いて僕に見せようとしていましたが
僕は何の反応もしてやりませんでした




76名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 01:20:59.42 ID:dXNG+K4x0.net

昼休みになると、標的はカロリーメイトを口に放り込み
イヤホンを耳にさして勉強を始めようとしたので
僕は体をのっとってイヤホンを引っこ抜きました

イヤホンなんてつけていたら、初めから周りとの
コミュニケーションを諦めている人みたいに見えるからです

標的はノートに「よけいなお世話です」と書きました

僕は標的の手を借りて、その文に取り消し線を引きます
そしてのその下に、「いやがらせ」と書いておきました

それを見た標的は、「ひどい」とだけ書き込みます




77名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 01:33:45.95 ID:dXNG+K4x0.net

授業がすべて終わると、標的は誰よりも早く教室を出ます
いつもはさり気なく一番目に帰宅する標的ですが、
この日はなりふり構わず急いで出て行きます

これ以上僕に何かされたら敵わないと思ったのでしょう
しかし、帰宅後、彼女に更なる悲劇が訪れます
もちろん実行犯は僕なのですが

標的の体をのっとった僕は、再び身辺整理を始めました




78名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 01:41:56.58 ID:dXNG+K4x0.net

一番下の引き出しにしまわれた、
カティサーク、ジョニーウォーカー赤、
エンシェントクランといったウィスキー

どこで手に入れたかは知りませんが
おそらく彼女の一番のお友達であるそれらを
僕はすべて洗面台に開けて流してしまいます

標的の口が「やめっ、もったいない」と動こうとします
今までで一番必死な反応だったかもしれません
ですが、知ったことではありません




79名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 01:51:48.67 ID:dXNG+K4x0.net

さて、彼女のスケジュールによれば、
ベッドに横になって音楽を聴きはじめる頃合でしたが、
僕は酒瓶をビニール袋に入れて引き出しに戻すと、
そのまま彼女を家の外に出しました

ただし、今回は八時間ぶっ通しで歩かせたりはしません
十分ほど歩いたところで、目的地の公園に着きます

二台あるブランコの片方に、彼女を座らせます
当然、もう一台のブランコには、僕が座っていました




80名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 02:01:24.80 ID:dXNG+K4x0.net

辺りは薄暗く、日暮が近くで鳴いています
僕は両手に抱えていた植木鉢を標的に渡します
標的は「なんですかこれ」と聞いてきます

「アグラオネマニティドゥムカーティシー」と僕は答えます

「いえ、品種のことじゃなくて。なんですかこれ」

「部屋が殺風景すぎるからな。観葉植物だ」

「……これも、いやがらせなんですか?」

「プレゼントに見えるか?」




81名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 02:14:45.36 ID:dXNG+K4x0.net

標的は植木鉢を掲げて、眺めます
「見えなくもないですね、綺麗ですし」

「そういうところが、気にくわないんだ」
ブランコから下りて、僕は標的の前に立ちます

標的は植木鉢を膝の上に抱えたまま
少し緊張した表情で僕の顔を見ます

しばらくその状態が続くと
ふいに標的は植木鉢を足元にやさしく置いて
「殺しますか?」と言ってブランコをこぎはじめました




82名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 02:27:02.63 ID:dXNG+K4x0.net

僕はあらためて聞いてみます
「結局お前は、殺されたがってるのか?」

「んー、殺した方がいいですよ」と標的は答えます
「初めてでもないんでしょう? 私で何人目ですか?」

僕はしばらくこう考えてから、こう言います
「どこまで知ってるんだ?」

標的はブランコをとめ、植木鉢に目をやり、
僕と目は合わせずに、こう言いました

「知ってるも何も、今あなたがしてるのは、
 むかし私がしてたこと、そのままなんですよ」




84名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 04:37:49.23 ID:y8jeKPAfO.net

wktk




86名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 07:37:45.67 ID:+LAtZHRNO.net

アグラオネマニティドゥムカーティシー
よし覚えた




87名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 08:58:45.64 ID:UAFggopkO.net

アグラオネマニt・・・覚えられない



ほしゅ




90名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 09:58:09.71 ID:dXNG+K4x0.net

「八人、自殺させました。標的は十九歳から七十二歳まで。
 男が六人、女が二人。四人は飛び降りで処理しました。
 ロープが三人で、あとの一人はカミソリです」

「あなたもそうだと思うんですが、ある日突然、
 人の体をのっとれるようになって、同時に、
 自分が何をしなければならないのかが分かりました」

「最初の一人の他は、上手いことやれたと思います。
 この仕事の良いところは、一人自殺させるたびに、
 自分も死んで、生まれ変わったような気分になれることでした」




91名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 10:12:55.58 ID:dXNG+K4x0.net

「あなたは、どうして自分がその能力を
 持つようになったのか、分かりますか?」

僕は首をふりました

「これはあくまで私の予想に過ぎませんが、
 あなたにバトンが受け継がれたのは、
 おそらく、私が人を殺すのをやめたせいです。

 九人目で、私はありがちなミスを犯しました。
 同情してしまったんです、標的に対して」




92名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 10:27:32.93 ID:dXNG+K4x0.net

「とたんに私の能力は失われました。
 その後で、私が逃した標的は、自殺しました
 たぶん、私の代わりに、後任が現れたんでしょうね。
 私はもう使えないって判断されたんでしょう」

標的が顔を上げて聞いてきます
「あなたが初めて殺したのって、二十代の女性でしょう?
 茶髪でセミロング、背は高め、指が綺麗な女の人」

僕が黙っているのを、標的は肯定と受け取ったようでした




93名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 10:43:22.27 ID:dXNG+K4x0.net

「あの人のこと、私、殺せなかったんですよ。
 だって、あの人、笑っちゃいますよね、ああ見えて、
 写真とお喋りするのが一番の娯楽なんですよ。

 理由はわからないけど、そういうのって、
 すごくげんなりさせられるじゃないですか」

「あの人を見逃してからしばらくして、
 私は人の体をのっとる力を失いました。
 更にしばらくして、今度は、体をのっとられたんです」

標的は僕を指差して言います、「あなたに」




97名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 12:27:44.04 ID:3lKQNl8q0.net

小説苦手やけど読んでしまう




100名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 13:34:01.76 ID:nqS2gb950.net

これひょっとしてすごくね




101名も無き被検体774号+2012/07/24(火) 13:51:18.34 ID:KJ6aYslS0.net

すげぇなこれ




140名も無き被検体774号+2012/07/25(水) 22:32:16.29 ID:5B7gcMQa0.net

「いわゆる”用済み”ってやつなんでしょうね。
 前任者は後任者に消されるシステムなんでしょう」

「私が自殺させた人の中にも、ひょっとすると、
 以前は私と同じようなことをしていた人がいたのかもしれません」

「だから」、標的は笑って言います
「殺しちゃった方が、話は早いでしょう?
 そうしないと、次はあなたも狙われますしね」




146名も無き被検体774号+2012/07/25(水) 22:54:35.86 ID:5B7gcMQa0.net

答える代わりに、僕はまたこの質問を口にしました
「結局お前は、殺されたがってるのか?」

「そうするのが、一番なんだと思います」

「”お前”が、殺されたがってるのか?」

「私、ですか。……そうですね、死ぬのは怖いです、
 でもそれ以上に、死んだ方が楽だろうなあと思ってます。
 うん、そうですね。たぶん私は殺されたいんです」




148名も無き被検体774号+2012/07/25(水) 23:09:57.92 ID:5B7gcMQa0.net

「なら話は早い」と僕は言います、
「楽になる手伝いなんてごめんだね。
 俺は、お前には、『今死ぬわけにはいかない』
 って悔しがりながら死んで欲しいんだ」

標的は無表情に僕を見つめます
「その前にあなたが死ぬと思いますよ」

「いいさ。死んだ方が楽だろうと思うしな」

「……まねしないでください」

「アグラオネマは直射日光に弱い」

「はい?」首を傾げつつ、標的は植木鉢に目をやります




150名も無き被検体774号+2012/07/25(水) 23:19:11.23 ID:5B7gcMQa0.net

「しかし、明るい場所で育てる必要はある。
 変な表現だが、『明るい日陰』におくといい」

「……あの、私、もうすぐ死ぬんですよ?
 あなたが殺さなくても、別の誰かが殺しますし」

「高温多湿を好むから、暖かい場所に置いて、
 一日一回は霧吹きで葉に水をかけてやれ。
 水も、やりすぎない程度にたっぷりな」

「育てませんってば」

「ついでに言うと、高価な植物だ。
 あの手のウイスキーが十本くらい買える」

「ええっ」標的の体がこわばります
頭の中は酒瓶でいっぱいなのでしょう




152名も無き被検体774号+2012/07/25(水) 23:29:49.73 ID:5B7gcMQa0.net

「枯らしてしまったときは、お前の体を乗っ取って、
 クラスメイトに『友達になってください』って言って回る」

「そういうのはほんとにやめてください。
 アグラ……ムドゥ……なんでしたっけ?」

「カーティシーでいい。覚えろ」

「かーてぃしー」

「そうだ」

「あおぞらです」

「……ん?」僕は星空を見上げます

「私の名前です。覚えてください」

「ああ、名前か。知ってるよ」

「くもりぞらではないです」

「青空だろ。確かに似合わない名前だよ」




153名も無き被検体774号+2012/07/25(水) 23:46:05.16 ID:5B7gcMQa0.net

「それで、あなたの名前は?」

「くもりぞらだ」と僕は言います

「まねしないでくださいってば」

「本当だよ。すばらしい偶然だな」

「ふうん。似合う名前で良かったですね」
青空は拗ねたような顔をして言います
「……それで、私はこれ、カーティシーを、
 このまま持って帰るんですか?」

「そりゃあそうだ」

「恥ずかしいなあ」

「恥ずかしい思いは、これから沢山してもらう」

「今日のだけで死にそうなんですけどね」

「人はそう簡単には死なない」

「あなたが言うと説得力がありますね」




168名も無き被検体774号+2012/07/26(木) 13:42:55.56 ID:eC7dYolM0.net

続きが気になってしゃーない




185名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 00:07:31.37 ID:H0TWczxL0.net

「さて、そろそろ解散といくか」
青空の顔を見つめながら、僕は言います
「なんだかお前、いきいきしてきたからな」

青空は痛いところをつかれて
慌てて緩んでいた表情を引き締め
「別に、そんな」と言いながら顔を赤くします

”実は人と話すのが好き”などと思われるのは
青空のような者にとっては最も苦痛なことなのです




186名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 00:17:31.34 ID:GcE77dUY0.net

待ってたよ!




189名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 00:29:14.69 ID:H0TWczxL0.net

「さようなら、くもりぞらさん」
青空は公園を出て行きました
逃げるように早足で出て行ったので
公園の前にいた人に気づきませんでした

青空のクラスメイトの男は
公園から出てきた青空を見たあと
その手に抱えられた植木鉢を見て
見てはいけないものを見たように目を逸らしました

すかさず僕は青空の体をのっとります
感じの良い笑顔で「こんばんは」と言います
相手の男は、とても困った顔をしましたが
「ちわっす」と頭を軽く下げました




190名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 00:43:27.62 ID:H0TWczxL0.net

クラスメイトの男が去って行くと
青空は僕のところまで戻ってきて言います
「いったい、なにがしたいんですか?」
よほど恥ずかしかったのか、涙目になっています

「お前がしたくないことをお前にをさせたい。
 お前がしたいことはお前にさせたくない」

「変な人と思われたじゃないですか、
 公園から植物盗んだ人みたいじゃないですか」

「いいじゃないか、どうせ死ぬんだろ?」

「確かにそうですけど、それでも、死ぬ直前まで、
 死んだ後の自分を想像する自分はいるんですよ」

「いいことを言う、その通りだ。だからやりがいがある」

呆れたような顔で青空が僕に言います
「女子高生に嫌がらせして楽しいですか?」

「楽しいぜ。今度やってみな




204名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 13:05:48.39 ID:H0TWczxL0.net

それからも毎日、僕は青空が知人と出会うたびに
礼儀正しく挨拶させ、時には会話までさせました

周りが少しずつ、青空が口を開いても
違和感を覚えなくなってきたところで、
惜しくも課外授業が終わってしまいます

最期の授業が終わった後、
青空はまっさきに教室を出ると思いきや、
ノートの隅に、おそらく僕に向けた
メッセージを書きはじめました




205名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 13:14:34.69 ID:H0TWczxL0.net

青空は、以前僕がそうしていたように、
ブランコに腰掛けて待っていました

「こんばんは、くもりぞらさん」

真夏日の昼間で、ブランコの椅子は
ひどく熱を持っていました

カーティシーの育て方について、
今のやり方で合っているのか確認したい、
というのが青空の要望でした

話を聞く限り、青空の育て方に
特に間違った点はなさそうでした




207名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 13:19:49.56 ID:H0TWczxL0.net

「こんばんは」じゃなくて「こんにちは」だね
俺あたまおかしい




206名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 13:14:39.73 ID:DXxcLPkD0.net

わくわく




208名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 13:21:41.16 ID:H0TWczxL0.net

「糞暑いな」と僕は汗を拭います

「落としてあげましょうか、川とかに。涼しげですし」

僕は無視してシーブリーズを体に塗ります

「いつか落としてやりますからね」
青空は僕に小石を定期的に投げてきます

僕は青空の体をのっとり、水飲み場で
おでこで水を飲ませてやります

制服までびしょ濡れになった青空は、
「涼しげでいいです」とブランコに座って言います




209名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 13:34:42.99 ID:H0TWczxL0.net

「お前はもう夏休みか。残念だな」と僕は言います
「もっと色々やらせようと思ってたんだが」

「夏休み大好きです」と青空はばんざいします
「人と会わなくて済むし、家にいられるし。
 お酒は誰かが捨てたから飲めませんが」

「人と会うのも、外に出るのも嫌なのか」
僕がそう聞くと、青空は「しまった」という顔をして、
「ええと……どちらかと言えば」と濁します

青空の体をのっとり、僕はポケットをまさぐります

ところが目当てのものは見つかりません
しかたなく、操作をいったん解除します




210名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 13:43:03.33 ID:H0TWczxL0.net

「お前」僕は聞きます、「携帯はどうした?」

「携帯? 持ってませんよ、そんなもの」

「携帯電話を持ってない? 今時の女子高生が?」

「必要ないことくらい見ればわかるでしょう。
 いままで気付かなかったんですか?」
前髪をしぼりながら青空は言います

確かに、青空が携帯電話を持っても、
目覚し時計と化すのが目に見えています




211名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 13:49:30.24 ID:H0TWczxL0.net

「なにをするつもりだったんですか?」

「知人に連絡して、遊びに誘ったりするつもりだった」

「断られますよ、そんなの」

「そうなれば尚良かった。お前傷つくだろうし」

「……そうですね。効果覿面でしょう」

「お前が人に会いたくなくて外に出たくないなら、
 俺はお前を人に会わせて外に出そうと思ったんだ」

「間に合ってます。もう外に出てますし、
 現にこうしてくもりぞらさんと会ってるんです」

「じゃあそれを継続しよう」と僕は提案します
提案と言うか、もう決定なのですが




217名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 18:51:20.89 ID:H0TWczxL0.net

青空はお酒が飲みたいそうなので
僕は青空を喫茶店に連れて行きました
エスプレッソをふたつ注文します

「私コーヒー苦手なんですよ。にがいから」

「知ってる。ウィスキーは飲めるのに、変な話だ」

「コーヒー、毒みたいな味するじゃないですか」

「毒を飲んだことがあるような口ぶりだな」

「ええ、他人の体を使って、ですが」

僕が何も言わずにいると、青空は
「冗談でしたー」と言って微笑みます
冗談にしても分かりにくいし、何より面白くありません




218名も無き被検体774号+2012/07/27(金) 19:01:00.18 ID:H0TWczxL0.net

僕が机の上に広げた参考書をのぞきこみ、
青空は不思議そうな顔をします

「勉強するんですか?」

「ああ。試験が近いんだ」

「そっか……そうなのか。私も勉強しよう」
青空は鞄から速読英単語を取りだします
それを見た僕は、なんだか懐かしい気分になります

運ばれてきたコーヒーに、砂糖をたっぷり入れ、
おそるおそる口をつけた青空は、「にがいー」と顔を歪めます




247名も無き被検体774号+2012/07/28(土) 23:58:31.32 ID:8I4+VxX50.net

「ちなみに私は、標的を見逃してから、
 一週間くらいで能力を失いましたよ」

勉強を始めて二時間ほど経ったところで
青空が伸びをしながらそう言いました

「関係ないな。別に見逃したつもりはないから」

「傍から見ても、そう見えますかね?」

「ああ。どう見ても標的を狙う殺し屋だ」

「ふうん」青空はつまらなそうに言います
「それはそうと、勉強、はかどりますね。
 なるほど、ここは勉強するのに良さそうです」

「なんてこった」と僕は言います、「勉強はやめにしよう」




249名も無き被検体774号+2012/07/29(日) 00:06:13.23 ID:5WSHyzFN0.net

映画館に入った僕たちは、階段を下りていきます

「たしかに勉強には向かない場所ですね」
青空はきょろきょろしながらそう言います

連日の試験勉強で睡眠不足だった僕は
映画が始まって数分で眠ってしまいます

目を覚ますとほとんど映画は終わっています
登場人物たちは何かに感動して泣いている様子です
勝手に盛り上がってるんじゃねえよ、と僕は思います

「どんな映画だった?」と僕が聞くと
「殺人犯が酷い目にあう映画」と青空は答えます
映画の製作者もがっかりしていることでしょう




251名も無き被検体774号+2012/07/29(日) 00:18:14.57 ID:5WSHyzFN0.net

「映画もドラマもそうですけど、人を殺した罪人って、
 大抵、なにがあろうと、最終的には死にますよね」

「『人を殺すような奴は死んでしまえ』ってことだろう」
僕はくしゃみをしてから言います
「そういった意味での公正さを、人は求めてる」

「たとえ改心したとしても?」

「やっぱり、一度でも人を殺したような奴は、
 たとえその後で聖人みたいになったところで、
 どこか安心できないところがあるんだろう」

「私たちは死んだ方がいいってことですね?」

「つまりはそういうことなんだろうな」




252名も無き被検体774号+2012/07/29(日) 00:34:06.70 ID:5WSHyzFN0.net

「なんだかそういうのはわくわくしますね」
前を歩く青空は、映画館出た後、振り返ってそう言います
「ここに生きているべきでない若者がふたり」

「なにがどう、わくわくするんだ?」

「あおぞらとくもりぞらですしね」
そう言って青空は僕の顔をのぞき込みます
何か言いたげな笑みを浮かべています




304名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 11:30:41.73 ID:Vi6e/PR90.net

あおぞらがめっちゃかわいいんだけど
どうしてくれるんだよ




312名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 19:11:17.00 ID:e6Xcvivh0.net

僕はなにか意地悪なことを言ってやろうとして
そのとき、不意に、「のぞかれた感じ」がしました

のぞかれた感じ。

「青空」僕は早口で聞きます
「一度、俺に遺書を直させようとして、
 ものすごい力で抵抗したことがあったよな。
 どうすればあれほどの力で抵抗できる?」

青空は「それはですね」と言いかけた後、すぐに勘付き、
「もしかして、のっとられてます?」と聞いてきます




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

肉料理を食べ、店の外で「熊本産」と書かれたポップを発見→彼「震度7の味!」 彼の家が代々新興宗教に入ってることが判明→無宗教の私にとって新興宗教の壁は大きすぎる。結婚するならこの人がいいなって思っていたけど、今後の付き合いをどうしたらいいかわからなくなってしまった… コンソメ味のポテトチップス大好きな彼「2つ買うならのりしおじゃなくてコンソメ2つ買えばいいのに。そんなんじゃ嫁にも来れないぞ」 妻が1年近く不倫してた。相手に社会的制裁を加えたい。妻にはもう一度チャンスを与えようと思います。ダメなら離婚ですね アイプチしてるアラフォのオッサンだけどこれバレるかな?? 農薬を吸わせたナス(害虫駆除用)を盗んでいった女がいた!「どこの誰だ!食ったら死ぬぞ!」と大騒ぎに→結果・・ 兄6年生が3年の弟におもちゃの弓矢で打たれ、兄が矢を破壊した!「あなたに壊す権利はない。あんたの物壊したろか?』兄『いいよ(怒)』→結果・・ 【冤罪】女「俺君に電車で痴漢された!」俺「俺はチャリ通です」担任「彼女はやられたと言っているぞ」→まさかの結果に・・ 【画像】彼女からこんな画像が送られてきた!夢を見てるようです・・・ 引きこもりの私が、やっとの思いで靴を購入。疲れ果てて帰宅→なんと靴が片方しか入ってなかった!→店に事情を説明すると・・ 息子に難聴が発覚。夫に報告したら「は?補聴器、通級?とんでもない何もするな。むしろ徹底的に隠せ。いじめの温床の小中学校で難聴を公表するなんてとんでもない。息子の人生をパーにするつもりか?」 俺「家庭菜園で作った野菜を嫁と食べてるよ」同僚「栄養偏るぞ!オサレな店のディナーに連れてってやれ」→俺「フランス料理とかたまに行こうか?」すると嫁は… 嫁が今の職場になってから帰宅が23時を過ぎてしまうことも度々あり、家事がおろそかになってきた。週4しか働いていないのだからもっと家事を頑張ってもらいたいし、無理なら減らすなりして欲しい 私「500円返してもらいにきた」借りパクママ旦那「500円程度で平日の朝に訪ねてくるのはどうかと…」私「そうですね、私も来たくないんで…」→謝罪を受けるものと思い込んでたっぽいパク旦那、一瞬絶句して… 旦那がウワキをしていますが写真などの決定的証拠がありません。旦那とウワキ相手に慰謝料を取れるのか知りたいです。離婚をするつもりです 掃除、洗濯、買出し、育児と手伝っているつもりですが、妻「女性の気持ちを考えない。育児の大変さを理解しない」と言われます。被害妄想的なのも多いです。「俺も◯◯とか手伝ってるじゃん。少しは認めて欲しいな」と言えば 妻「頼んでない」「してやってるならやるな」と言ってきます… 嫁のウワキ相手はいわゆるエリート、俺よりも何倍もいい男だった。嫁「リコンしないで!」間男「示談金150万払う」俺「わかった(またこの女はやるに違いない…)」 彼は年収1千万超えてるのに誕生日プレゼントがいつも1万円未満。お金目当てで一緒にいるわけじゃないけど、そんだけお金あるのに私に使う価値はないんだなと思うと、悲しい… 【追記あり】結婚して1年。旦那「結婚してることが疲れた。独身に戻りたい」と言って昨日旦那が実家へ帰ってしまいました… 【秘密】舅と関係を持ってた事は誰にも言えない。気持ち悪いと思われるだろうが後悔はしていない。本気で好きだった。 私の名札を見たママさんが「リングさん?」だって…円=まどかが読めないの?他人の名前までDQN変換しないで! 【衝撃】夫から「お前の弟逮捕されたぞ!!」と電話が!公務員だからお昼のニュースで名前が出たらしい・・ 【ホラー映画】女「怖いもん、やめようよお」男「大丈夫だって!俺がついてるって!」→上映中、悲鳴を上げたあと突然大人しくなったと思ったら・・ この春就職して先日同期の1人と宅飲みしました。割り勘にしようと約束したが同期は未だに金を払ってない。1500円、その程度の金で…と思われるかも知れませんが就職したてで給料もまだ貰ってない現状1500円は少ない額ではありません 【妻がクズ】DNA鑑定の結果、息子は俺の子じゃなかった「相手の連絡先おしえろ」妻『無理!相手にも家庭があるから』→その瞬間・・ 俺が海外に仕事に行ってる間に嫁が浮気してね、子供ができちゃったのよ。 旦那が私実家に泊まりに行った時に妹×2のお風呂を盗撮してた。気持ち悪いし妹には申し訳ないしで吐き気が止まらない。最終地点は離婚で考えているんですがそれまでにした方が良い事や対策すべき事はあるでしょうか? 私は今23歳、兄は25歳。私が12歳(11年前)の時に受けた兄からの性的虐待を訴えることは可能でしょうか?(娘と親の相談) 彼が大食いでどんだけ大量に作っても次の日の晩ご飯まで残らない。カレーも一箱分作っても8割その日に食べて残りは全部次の日の朝に食べてしまう…