引用元:人を自殺させるだけの簡単なお仕事です

314名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 19:24:58.55 ID:e6Xcvivh0.net

「いや、まだ大丈夫だけど、一瞬、覗かれたような感じがした」

「ああー。あれ、確かに覗かれてる感じしますよね」
青空はなぜか、はにかむように笑います
「ついにあなたも標的になっちゃったわけですね。なかまー」

「まだ決まったわけじゃない。俺の気のせいかもしれない」

「でも、仮に狙われ始めているんだとしてですよ、
 なんで私より先にあなたを狙うんでしょう?
 前回の経験から言うと、先に私を殺すはずなのに」

「俺もそう思ってたんだが、考えてみれば、今この場には、
 『死ぬべき人間』が二人そろってるわけだ。つまり――」




こちらの胸糞もオススメです


315名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 19:25:41.50 ID:TUyGz3Xf0.net

うわぁぁぁ~気になるっ‼




316名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 19:31:28.47 ID:e6Xcvivh0.net

「つまり、『お前を殺して俺も死ぬ』の形式が、
 いちばん手っ取り早いということですね」

納得したように青空がうなずきます

「相手の人、良い判断なんじゃないですかね。
 私と違ってくもりぞらさんは操られるの初めてだから、
 うまく抵抗することができないでしょうし。
 そっかー、私はくもりぞらさんに直接殺されるのか」

「さっさと言え、どうすれば操作に抵抗できる?」

青空はそっぽを向いて、つんとした態度で言います
「教えてあげません。教えて欲しそうだから」




317名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 19:40:57.75 ID:e6Xcvivh0.net

僕たちはちょうど、街の広場に着いたところでした
木陰に入ったところで、僕は青空の後ろに回り
青空の細くてひんやりした首に、右腕を巻き付けます

青空は力を抜き、黙ってそれを受け入れます
”気をつけ”の姿勢のまま、後ろの僕に体重を預けます
僕の腕は少しずつ青空の首を絞めていきます

体を乗っ取られるのは初めての経験でした
あまりにも違和感がなくて、最初は自分の意思で
自分を動かしているかのような錯覚を受けました

おそらく今僕の脳は、「腕が動いたということは、自分から
腕を動かそうとしたということだ」と解釈しているのでしょう




318名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 19:49:51.79 ID:e6Xcvivh0.net

青空の首に絡み付いた僕の腕に、徐々に力が入ります
やむを得ないと思い、僕は青空の体を乗っ取り、
自分(曇り空)の体を突き飛ばそうとします

しかし、僕と違い、青空には抵抗ができます
僕の操作に逆らって、一歩も動こうとしません
なるほど、青空は本当に僕に殺されたいようです

ですが、その抵抗から、僕はなんとなくヒントを得ます

青空の体がぐったりしてきたあたりで
僕の腕は徐々に青空の首から離れていきます
青空は僕の腕をすり抜け、地面に倒れます




319名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:03:19.17 ID:e6Xcvivh0.net

無理に操作に逆らった僕の腕は
いったん全体の皮膚をひっくり返されて
硬いもので万遍なく殴打されたように痛みます

両手が自由に動くことを確認すると、僕は
眠そうな目で僕を見上げている青空に話しかけます

「つまり、『操作に抵抗しよう』とするんじゃなくて、
 『操作の上書きをしよう』とすればいいってことか」

青空は不機嫌そうな顔で、小さな咳をします
「惜しかったなあ。気付くの早すぎですよ」




320名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:07:30.22 ID:8yk/f7qi0.net

引き込まれる

一気に読みたいぜ




321名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:11:50.77 ID:e6Xcvivh0.net

「もしかすると、もとから知ってたんですか?」

「いや。俺の操作に、お前が抵抗する感じを参考にした。
 操りながら操られることで、とても効率良く学習できたらしい」

「なるほど……とは言え、体、めちゃくちゃ痛むでしょう?」

「ああ。自分が何しゃべってるかわからないくらい痛む」

「私もです。おまけに頭はくらくらするし。暑いし。
 くもりぞらさん、私、首の汗ひどかったでしょう?」

「べつに」

「ひどかったんです。ああ恥ずかしかった」
どうでもいいことばかり気にする女の子です




322名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:18:05.83 ID:e6Xcvivh0.net

「さてと」、僕はしゃがみこんで青空の顔をのぞきこみ、
目をそらした青空の頬を強めに引っぱります
「いたいいたいー」と青空は気の抜けた声で言います

「なあ、なにが『教えてあげません』だよ?」

「あなたのまねです。ざまーみろ」

「しかも俺の操作に抵抗しやがった」

「おかげでコツを掴めたんでしょう、良かったですね」

僕は立ち上がろうとして、後方にバランスを崩し、
手をついてその場にへたりこみます
その拍子に、地面にあった枝で手を切ってしまいます
まあいい、と僕は気にせず放っておきます




323名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:19:47.13 ID:4wnd+Egb0.net

本出せよこれ




325名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:28:22.95 ID:e6Xcvivh0.net

僕たちはびっくりするほど体が動かなくなっていて
立ち上がるだけで汗だくになりました

石畳からの照り返しが暑さに拍車をかけます
芋虫みたいな速度で涼を求めて歩きます

広場の噴水のふちに腰掛けようとしたとき
僕は勢いあまって水の中に落ちました
腹筋に力が入らないとこういうことが起こるのです




327名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:37:02.97 ID:e6Xcvivh0.net

水面に顔を出して、僕は顔を両手でこすります
広場にいた人たちの視線が僕に集まっています
青空は体の痛むところをおさえながら笑っています

僕は諦めて、両手をついて水中に座り、空を見上げます
飛行機雲がふんわりまっすぐのびています

近くの木にとまった二羽のカラスがこちらを見ています
もうすぐ餌になる対象を見るような面構えです




328名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:44:02.76 ID:e6Xcvivh0.net

「なにやってんですか」と青空が言います
「また誰かに操られてるんですか?」

「涼しげでいいだろう」と僕は答えます

「体中痛いんだから、笑わせないでください」

「笑い死ね」

「びっしょびしょじゃないですか」

青空はそう言うと、噴水のふちに立ち
ひょいと飛んで僕の横に着水します

水飛沫があがり、僕は目をつむります
広場中の視線が再び僕らに集まります




329名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:53:21.95 ID:e6Xcvivh0.net

十秒以上たっても青空が顔を上げないので
僕は青空が体を起こすのを手伝います

「溺死するところでした」と青空は言います
「こんな子供用プールより浅い場所で」

「『噴水で女子高生死亡』なんて、
 ニュースを見た人が首を傾げるぞ」

「気持ちいいですね」青空は目を閉じて言います
「今もう一回操作されそうになったら、抵抗できます?




331名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 20:58:39.66 ID:e6Xcvivh0.net

「そこなんだよ。どうして向こうは追撃してこない?
 今なんか、頭を下げるだけで溺死させられるのに」

「抵抗されて、びっくりしてるんじゃないですか?
 経験のあるくもりぞらさんに聞きますけど、
 操作に逆らわれたとき、どんなことを思いました?」

僕は少し考えてから、答えます
「お前の場合、それ以前に色々とイレギュラーだったから、
 抵抗されても不自然に感じなかったんだよな」




332名も無き被検体774号+2012/07/30(月) 21:07:36.54 ID:e6Xcvivh0.net

青空は褒められたわけでもないのに
ちょっと嬉しそうな表情になります

「でも相手が仮にお前じゃなかったとしたら、
 確かに、驚いて、様子見に入るかもしれない」

「なるほど……。あ、そうだ。くらえくもりぞらさん」
青空はそう言いつつ、僕の顔に水を掛けます
僕も無言で二倍の量を掛け返します

しばらくそれを繰り返した後、噴水を出て服を絞り、
水をぽたぽた滴らせながらベンチに行き、
並んで座って服が乾くのを待ちました

時刻を知らせる鐘が広場に鳴り響きます

服が乾くと、青空はくしゃみとあくびを交互にして、
「それじゃあ、また」と言って帰って行きました




342名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 01:02:40.41 ID:UnXFum7+I.net

追いついたー
すごい面白いなこれ!




343名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 01:08:35.28 ID:b+xqAtiY0.net

俺も追いついた!
今世紀最大の良スレの予感。

がんばって完結させてくれよな!




369名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 22:34:33.50 ID:rIGoNaRq0.net

ひょっとすると、僕はもう、二度と青空に
会うことはないのかもしれないな、と思います

向こうがなりふり構わずに来れば、
僕たちがちょっとやそっと抵抗したところで、
速いか遅いか程度の差にしかならないでしょう

どうせなら部屋を思いっきり汚しておこう、
そう僕は思います
片付ける人の苦労を少しでも増やすために

それから二週間が過ぎます




39712012/08/01(水) 10:50:19.65 ID:o8xWRF6G0.net

なんかおかしいと思ったら
>>369と>>371の間に本来これが入るはずだったんだな



その日、喫茶店で本を読んでいると、
自分の名前が呼ばれたような気がしました
もちろん、”くもりぞら”ではない方の

顔を上げると、店員が僕の顔を覗き込んで、
「やっほー」と手を振っていました

同学部の先輩、顔を合わせれば
挨拶はする程度の仲の人です

しばらく、スクリプトに従ったような
様式に忠実な会話を僕らは交わしました




371名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 22:42:27.33 ID:rIGoNaRq0.net

不自然でない程度の時間が経つと、
先輩に気付かれないよう、そっと店を出ます

この店にくるのはもうやめにしよう、と僕は決めます
結構お気に入りの場所だったのですが、
知人がいるとなると、どうしようもありません

次の店を探さなきゃな、と溜息をついたとき
ふいに僕は体をのっとられました

遅かったじゃないか、と僕は思います

どうくるのかと自身の体の様子を見ていると、
まっすぐどこかへ向かって歩きはじめます




372名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 22:48:32.83 ID:rIGoNaRq0.net

これから味わうであろう痛みを想像しながら、
僕は操作に抵抗して、口を動かします

自分を殺そうとしている相手との
コミュニケーションを試みます

「二分でいいから、話を聞いてくれ」

しかし僕の体は構わず動きつづけます

「あんたにも関係のある話なんだよ」

舌は思い切り攣ったような痛みが走り
唇の端が切れて血が垂れてきます




375名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:03:09.25 ID:aZOJ4cxH0.net

さて、どうなるか楽しみだ




376名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:06:14.80 ID:rIGoNaRq0.net

「なあ、そもそも、どうして自殺させるべき対象が、
 頭にぱっと浮かんでくるんだと思う?」

慎重に言葉を選びながら、僕は言います

「俺はこれまで、六人の標的を自殺させてきた。
 たぶん、お前と同じようなやり方で。
 だが七人目を殺すことが出来なかった」

「そうして今、お前に命を狙われてる。
 以前自分が他人にしていたことを、
 今度は他人に自分がされているわけだ」




378名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:13:54.91 ID:rIGoNaRq0.net

「操られる側になって分かったことだが、
 『人の体をのっとって操れる人がいる』
 ということを前提として知らない限り、
 自分が操作されている事実には、
 なかなか気付けるものじゃないらしい。

「それくらい自然に感じられるんだ、
 体をのっとられて動かされるってことは。
 あるいは、起こっていることが不自然すぎて、
 事実を受容できないのかもしれない」

「そこまではいい。しかし、ここから俺が言うのは、
 証拠はないし、論理が飛躍しているし、
 何より自分にとって都合がよすぎる考えだ」




379名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:20:40.79 ID:rIGoNaRq0.net

「でもな、仮にだ。人の体をのっとる俺たちもまた、
 実に自然に、体をのっとられているんだとしたら?
 俺たちは自分で考えて人を殺しているように感じているが、
 実際のところ、操られているだけだったとしたら?」

そこまで言って、僕は限界を悟ります
これ以上喋ることは出来なさそうです

足が止まる様子はありませんでした




380名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:26:37.42 ID:rIGoNaRq0.net

辺りは薄暗くなってきていました
道路には、浴衣を着た小さな子供や
自転車を漕ぐ小学生の男の子たちや
ちょっとお洒落をした中学生のカップルなど
街の祭に向かう人がちらほら見られます

八歳と六歳くらいの兄妹が
互いに虫よけスプレーをかけあって
その匂いが僕のところに流れてきます

少し遠くから笛の音が聞こえてきます
焦げたソースの香りもしてきました

名前を呼ばれた気がしました




381名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:36:58.46 ID:rIGoNaRq0.net

僕の目は動きませんでしたが
視界の隅にブルーのスカートが見えました

「あの後、すぐ仕事が終わったんだよ。
 それで、歩いてたら、君の姿を見つけて」
その声で、僕は相手が誰だか知ります

「ねえ」と先輩は言います、
「さっきのって、やっぱり独り言だよね?」

僕は無言で先輩の顔を見つめます
先輩は僕の口元を見て、目を丸くして、
「血、出てる」と口を指差して言います




382名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:40:01.64 ID:7kQeC5kq0.net

wktk




383名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:42:50.71 ID:rIGoNaRq0.net

僕が何も言おうとしないのを
動揺の証と受け取ったらしい先輩は
なぜか「大丈夫だよ!」と励ましてきます

「私の友達にも、君みたいな子、いたよ。
 でもそれはただの一時的な病気で、
 別に特別気に病むことじゃないんだよ」

よく分かりませんが、ひとまず、
ある点において手間が省けました

僕は先輩の体をのっとり、言うことを聞かない
自分の体を地面に叩きつけます

柔道で言うところの大内刈を、
先輩の体を使って僕にかけたわけです




384名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:50:15.48 ID:rIGoNaRq0.net

単純な脇固めを極め、僕の動きを奪います
そのまま先輩に喋ってもらうことにします
僕の体は先輩を振り払おうとしますが
その動きは僕自身が抵抗して軽減します

「あんただって、いつかは俺たちみたいに、
 どうしても殺したくない相手に出会う。
 そして次の瞬間にはあんたが命を狙われるんだ。
 そういう繰り返しは、もうやめにしないか?」

そう言った後、続ける言葉を考えて、
しばらくその体勢のままでいると、
いつのまにか僕の体の操作は解けていました

ここまですることはなかったのかもしれません
地面に転んだ時にぶつけた肩が痛み出します




385名も無き被検体774号+2012/07/31(火) 23:57:02.42 ID:rIGoNaRq0.net

僕は先輩の操作を解除しますが
先輩はじっと目を瞑ったまま、動こうとしません

何かいって離れてもらおうとしましたが
口がまったく言うことをききません
この分だと食事にまで支障をきたしそうです

もう一度先輩の体をのっとり、僕を解放します

「こんなことするつもりはなかったんだよ」
先輩は青ざめた顔で言います、
「それに、自分でも意味の分からないこと
 口走っちゃったり、私、どうしたのかなあ……」

「夏ですし」と僕は言います、「そういうこともありますよ」




39112012/08/01(水) 00:34:11.99 ID:o8xWRF6G0.net

>>385の最後の一行はすごい勢いで忘れてくれよな! 忘れてくれよな!




46812012/08/04(土) 20:48:18.08 ID:Axa50L7/0.net

いままでのあらすじ
・>>385の最期の一行は忘れろ! 純粋なミスだ
・>>369と>>371の間に>>397が入る予定だった
・とっくに落ちてるものと思ってた、保守に感謝




473名も無き被検体774号+2012/08/04(土) 21:07:42.00 ID:Axa50L7/0.net

「ねえ、怪我してない? 大丈夫?」
先輩がそう聞いてきます

口をきくことのできない僕は、頷いて
「大丈夫」という意志を示そうとしましたが、
先輩は僕が声を出せないのを
ショックのせいだと思い込んだようです
泣きそうな顔で謝り続けて来ます

少し気の毒に感じましたが
説明の仕様がないし面倒なので
僕は先輩の体を硬直させると
その場を逃げ出しました




476名も無き被検体774号+2012/08/04(土) 21:16:15.55 ID:Axa50L7/0.net

祭に向かう人の流れに逆らって
重たい体を引きずって僕は家に帰りました

アパートに着き、自室の鍵を開け中に入ると、
服も脱がずにベッドに体を投げ出します

部屋は蒸し暑く、体は痛みます
扇風機をつける元気さえありません
ひどく喉が渇いていましたが
体を起こして水を汲みに行くのさえ億劫でした

いろいろと面倒だなあ、と僕は思います
「ここがくもりぞらさんの家ですか」と青空が言います




477名も無き被検体774号+2012/08/04(土) 21:27:37.30 ID:Axa50L7/0.net

僕は起き上がって声のした台所の方を見ました
冷蔵庫の照明に照らされた青空の顔が目に入ります
青空はハイボールの缶を勝手に取りだして
プルタブを引いてごくごく飲んでいます

缶から口を離すと、青空は「おいしいー」と笑います
僕は安心して再びベッドに横になります




478名も無き被検体774号+2012/08/04(土) 21:36:06.45 ID:Axa50L7/0.net

「お久しぶりです、くもりぞらさん――っていう台詞は、
 本来もう少し前に言うべきだったんですが、
 なんだか私に気付いてないみたいだったんで、
 ここぞとばかりに尾行させてもらいました」

僕は何か言おうとしますが、上手く喋れません
青空はロング缶をひとつ空にすると、
「反撃開始ー!」と言って部屋に入ってきます
顔はうっすら赤く、酔っ払っている様子です




479名も無き被検体774号+2012/08/04(土) 21:43:10.38 ID:Axa50L7/0.net

僕に動く気力がないのを知ってのことか
あるいは単に酔っ払っているからか
青空は人の部屋を漁りはじめます

煙草のカートンを見つけると、青空は
「お酒を捨てられた仕返しです」と言って
ゴミ袋に放り込みます

CDや本も、ほとんど捨てられます
青空なりの基準が存在しているらしく
青空はときどき「これはよし」と言って
一部のものは、棚に戻されます




480名も無き被検体774号+2012/08/04(土) 21:46:06.97 ID:YAwDR5oI0.net

ワクワク




481名も無き被検体774号+2012/08/04(土) 21:50:16.00 ID:Axa50L7/0.net

僕は青空に手招きして、身振り手振りで
コップに水を汲んでくるよう頼みました

青空は台所でコップに冷たい水を注ぐと
「ほーら水ですよー」と言いながらやってきて
ベッドに寝る僕の顔に1mくらい上から垂らします

僕は口を開けてどうにか水を飲みます
顔もベッドもびしょ濡れになりますが
少しでも水を飲めたことを僕は喜びます




482名も無き被検体774号+2012/08/04(土) 22:00:45.39 ID:Axa50L7/0.net

「くもりぞらさん、今日は一段と元気ないですね」
ベッドに腰掛けた青空は、空き缶で僕の頭を
こつこつ叩きながら言います、「でも私は元気です」

僕は「後で見てろよ」という目線を送ります

「出て行ってもらいたそうな顔してますね」
青空は楽しそうに言います
「だから出て行ってあげません。あはは。
 ――それにしても、くもりぞらさん、
 さっきから喋りませんね。動きませんし。
 疲れてるんですか? なんかありました?」

僕が何も答えないのを見て、
「ん、まあいいや」と青空は言います
「とにかく、千載一遇のチャンスですね」




483sage2012/08/04(土) 22:02:36.41 ID:FCIETdtc0.net

何が始まるんです?




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ記事

肉料理を食べ、店の外で「熊本産」と書かれたポップを発見→彼「震度7の味!」 彼の家が代々新興宗教に入ってることが判明→無宗教の私にとって新興宗教の壁は大きすぎる。結婚するならこの人がいいなって思っていたけど、今後の付き合いをどうしたらいいかわからなくなってしまった… コンソメ味のポテトチップス大好きな彼「2つ買うならのりしおじゃなくてコンソメ2つ買えばいいのに。そんなんじゃ嫁にも来れないぞ」 妻が1年近く不倫してた。相手に社会的制裁を加えたい。妻にはもう一度チャンスを与えようと思います。ダメなら離婚ですね アイプチしてるアラフォのオッサンだけどこれバレるかな?? 農薬を吸わせたナス(害虫駆除用)を盗んでいった女がいた!「どこの誰だ!食ったら死ぬぞ!」と大騒ぎに→結果・・ 兄6年生が3年の弟におもちゃの弓矢で打たれ、兄が矢を破壊した!「あなたに壊す権利はない。あんたの物壊したろか?』兄『いいよ(怒)』→結果・・ 【冤罪】女「俺君に電車で痴漢された!」俺「俺はチャリ通です」担任「彼女はやられたと言っているぞ」→まさかの結果に・・ 【画像】彼女からこんな画像が送られてきた!夢を見てるようです・・・ 引きこもりの私が、やっとの思いで靴を購入。疲れ果てて帰宅→なんと靴が片方しか入ってなかった!→店に事情を説明すると・・ 息子に難聴が発覚。夫に報告したら「は?補聴器、通級?とんでもない何もするな。むしろ徹底的に隠せ。いじめの温床の小中学校で難聴を公表するなんてとんでもない。息子の人生をパーにするつもりか?」 俺「家庭菜園で作った野菜を嫁と食べてるよ」同僚「栄養偏るぞ!オサレな店のディナーに連れてってやれ」→俺「フランス料理とかたまに行こうか?」すると嫁は… 嫁が今の職場になってから帰宅が23時を過ぎてしまうことも度々あり、家事がおろそかになってきた。週4しか働いていないのだからもっと家事を頑張ってもらいたいし、無理なら減らすなりして欲しい 私「500円返してもらいにきた」借りパクママ旦那「500円程度で平日の朝に訪ねてくるのはどうかと…」私「そうですね、私も来たくないんで…」→謝罪を受けるものと思い込んでたっぽいパク旦那、一瞬絶句して… 旦那がウワキをしていますが写真などの決定的証拠がありません。旦那とウワキ相手に慰謝料を取れるのか知りたいです。離婚をするつもりです 掃除、洗濯、買出し、育児と手伝っているつもりですが、妻「女性の気持ちを考えない。育児の大変さを理解しない」と言われます。被害妄想的なのも多いです。「俺も◯◯とか手伝ってるじゃん。少しは認めて欲しいな」と言えば 妻「頼んでない」「してやってるならやるな」と言ってきます… 嫁のウワキ相手はいわゆるエリート、俺よりも何倍もいい男だった。嫁「リコンしないで!」間男「示談金150万払う」俺「わかった(またこの女はやるに違いない…)」 彼は年収1千万超えてるのに誕生日プレゼントがいつも1万円未満。お金目当てで一緒にいるわけじゃないけど、そんだけお金あるのに私に使う価値はないんだなと思うと、悲しい… 【追記あり】結婚して1年。旦那「結婚してることが疲れた。独身に戻りたい」と言って昨日旦那が実家へ帰ってしまいました… 【秘密】舅と関係を持ってた事は誰にも言えない。気持ち悪いと思われるだろうが後悔はしていない。本気で好きだった。 私の名札を見たママさんが「リングさん?」だって…円=まどかが読めないの?他人の名前までDQN変換しないで! 【衝撃】夫から「お前の弟逮捕されたぞ!!」と電話が!公務員だからお昼のニュースで名前が出たらしい・・ 【ホラー映画】女「怖いもん、やめようよお」男「大丈夫だって!俺がついてるって!」→上映中、悲鳴を上げたあと突然大人しくなったと思ったら・・ この春就職して先日同期の1人と宅飲みしました。割り勘にしようと約束したが同期は未だに金を払ってない。1500円、その程度の金で…と思われるかも知れませんが就職したてで給料もまだ貰ってない現状1500円は少ない額ではありません 【妻がクズ】DNA鑑定の結果、息子は俺の子じゃなかった「相手の連絡先おしえろ」妻『無理!相手にも家庭があるから』→その瞬間・・ 俺が海外に仕事に行ってる間に嫁が浮気してね、子供ができちゃったのよ。 旦那が私実家に泊まりに行った時に妹×2のお風呂を盗撮してた。気持ち悪いし妹には申し訳ないしで吐き気が止まらない。最終地点は離婚で考えているんですがそれまでにした方が良い事や対策すべき事はあるでしょうか? 私は今23歳、兄は25歳。私が12歳(11年前)の時に受けた兄からの性的虐待を訴えることは可能でしょうか?(娘と親の相談) 彼が大食いでどんだけ大量に作っても次の日の晩ご飯まで残らない。カレーも一箱分作っても8割その日に食べて残りは全部次の日の朝に食べてしまう…