引用元:今までにあった修羅場を語れ

7471/22015/06/11(木)16:29:52 ID:???

大学生の頃、彼氏に軽い気持ちで子供ができたと嘘をついたら
彼が親に電話かけて嘘だと言い出せなくなった
必死に考えたけど打開策が浮かばないまま、もうその日の夜に両家顔合わせ

彼氏「責任はとる!結婚しよう!」←かっこいいけど迷惑
彼氏の父親「…だそうですので、出来る限りサポートさせていただきます」←同上
彼氏の母親「まだうちの子は大学生!とても人の親になんてなれません!」←!

私もまさか中の人がいないのに結婚路線へ突き進むわけにもいかず
内心で彼の母親を応援、もう正直別れて終わらせたかった、でも

「人の娘を妊娠させておいて、孫まで殺す気か!!そんな男の将来がなんだ!!」
父が許してくれない、もうね本当に怖い




こちらの胸糞もオススメです


性格的にもこの人にばれたらただじゃすまないと確信
道化のような真似を演じ続けるしかなかった
私「……ひ、ひどい(こういう反応をすべきだよね?)」

彼の母親は出産が避けられないものと分かるとすすり泣きを始めた
いたたまれず一度中座、一人で抱えているのには嘘が重すぎると
母にだけこっそり打ち明けると、救世主になってくれた

母は持論が「謝って済む嘘なら全力で謝れ、許されない嘘なら全力で突き通せ」の人

段々話し合いが事の対処から人格攻撃へと過熱していった折、
母はわざと彼氏の名前を間違え、勘違いとして他の男の気配を滲ませ
思わせぶりに誘導し、彼の母親からその言葉を引き出した
「本当にうちの息子の子?」
曰く、姑って立場の人間は本質的に息子の嫁ってものが嫌いだし
常にそのことに疑問を持つらしい

母は聞くや否や、父の激怒や、彼氏の父親の咎めるような声を制して声を張り上げた
「なら結構です!無責任な父親なんていりません!
認知も養育費も慰謝料も、もう結構!」