引用元:今までにあった修羅場を語れ【その6】

566名無しさん@おーぷん2014/11/28(金)12:35:20 ID:WjI

大型トラックがギリギリ行き違える幅の田舎道の十字路で信号待ち
私の左側は線路が2つ並行して並んでて、信号待ちしてる対向車は右折してその線路を渡ろうとしていた
そこは交通量が多くて、右折して線路を曲がろうとする車がいるとそれだけで対向車線がすごく渋滞する
それが分かってたので、信号待ちしている間は先に曲がらせようかな?と考えていた
ところが歩行者信号がかわり、いよいよ青になるぞ、という時に遮断機がカンカンなりだし、右折の車を先に行かせるのは無理だと判断




こちらの胸糞もオススメです


信号変わり次第即アクセル踏んで直進した
すると対向車がいきなり私の前方を防ぐ形で右折
私は慌てて右にハンドル切って急ブレーキを踏んだのでその車にはぶつからなかったけど、後ろからものすごい勢いで衝撃がきた
追突された勢いでブレーキに乗せた足が滑って対向車線に突っ込んだ
幸い他の車が信号青になってもとまっててくれたので助かった
更に間髪おかず左側からバキィ!という竹の割けるようなものすごい音
右折した車が遮断機押しのけて線路わたってそのまま走り去っていった音だった
呆然としてたら後ろの車の人が降りてきて警察よんでくれたけど、狭くて通行量の多い道を塞いでるので大渋滞
前も後ろも詰まって動けない車でごった返し、近くの住民も車が出せなくて怒鳴ってくる人もいた
出勤途中でしかも会議のある日だったし、周りからは責められるし、警察全然来ないしで泣きたかった